【初めてのインド旅part4】アンベール城内部へ潜入。ジャイプール。ピンクシティ。

 

 

 

 

アンベール城内部へ潜入!

 

 

象使いもとい、ドライバーさんに高額チップをせびられながらも、無事振り切り(ちゃんとチップは渡した!)象から降り立ちアンベール城内部にたどり着きました。

 

 

 

 

 

 

敷地内はとても広いです。

 

まずは階段を登って見晴らしの良いスポットへ。見下ろすとこんな感じです。

すごく広い。ここに民衆が集まっていたのかしら・・

 

 

 

 

 

 

反対側には世界一美しいと言われているガネーシャ門が見えます。

王族のプライベートなスペースに続く門です。近づいてよく見ると装飾がとても細かい。外から見ると一見ごつごつして重厚なお城の印象でしたが、どっこい、こんなに精密繊細で豪華な施工が見られるとは思いませんでした。

 

 

 

 

 

 

このタイルなんてとってもかわいいですよね。

 

 

 

 

 

 

ずっと眺めてられそうですが、先へ進みます。

門をくぐると美しい幾何学模様の中庭があります。メンテナンスがすごく大変そう。

 

 

 

 

 

 

こんな中庭眺めながら過ごせたら最高ですね。

どうやったらこんなに左右対称に作れるんでしょう。

 

 

他にも中は見所満載でした。それぞれ部屋のタイルが違っていて繊細で可愛い。

 

 

 

 

 

これは多分トイレですよね。

 

 

 

 

こんな模様の、窓のような見晴らし台があります。

目がチカチカしました。

 

 

 

 

 

もっと滞在したかったけど時間がなくここで断念し、次の目的地へ向かいます。

 

あ、上の方にも違うお城がみえる!

 

 

 

 

 

出口へ向かいます。いろんなものが売ってて必ず声をかけられるけど振り切ります。

 

 

 

 

なんとかドライバーさんと合流できました。

外から見るアンベール城はこんな感じです。壮大だなぁ。

 

 

 

 

 

後ろ髪を引かれる思いですが、次は水の宮殿と呼ばれる「ジャル・マハル」へ!

 

 

 

 

 

つづく