【初めてのインド旅part6】念願のバラナシ、ガンジス川を端から端まで歩いた日①

 

 

 

インド3日目は念願のガンジス川を訪れました。

もう何年前になるのかわかりませんが、大学生の頃に沢木耕太郎さんの

深夜特急」を読んで以来ずっとずっと行きたかった場所です。

 

 

 

デリーからバラナシの移動は飛行機で、今回は「IndiGo(インディゴ)」という

インドのLCC を利用しました。インドのLCCって大丈夫かしら?とちょっと

心配でしたが全く問題なしでした。

 

 

 

f:id:DBAYUKI17:20191230010920j:plain

f:id:DBAYUKI17:20191230010946j:plain

f:id:DBAYUKI17:20191230010919j:plain

 

 

 

飛行に乗った瞬間お腹がギュルギュル言い出しました。

シートベルトランプが消えた瞬間トイレに直行です。

おそらく昨日の香辛料にやられたようです...

お腹壊したわけではなかったのでその後は快適に過ごせました。笑

 

 

LCCなのに機内食まで出てきました。これもスパイシーで美味しかったです。

でもまたお腹痛くなったら嫌だったので半分しか食べず。

 

 

 

f:id:DBAYUKI17:20191230010921j:plain

 

 

空港に着きました。とりあえず暑いです。

 

 

f:id:DBAYUKI17:20191230011536j:plain

 

 

そして手配していたタクシーでまずはホテルまで向かいます。

 

ラディソン ホテル バラナシ(バラナシ)– 2019年 最新料金

 

 

f:id:DBAYUKI17:20191230011839j:plain

f:id:DBAYUKI17:20191230011848j:plain

 

 

部屋にはバスタブがあってよかったです。スタッフもみなさん親切でした。

 

 

ホテルに着いたら荷物を置き、身軽になったところで早速ガンジス川まで行くための

オート・リキシャを探します。オート・リキシャとはトゥクトゥクのような乗り物で

小型の自動三輪車みたいなものです。

 

 

ホテルを出るとそこら中に客引きしているリキシャの運転手がいるので探すのには

困りません。ガンジス川までの価格交渉をし、双方で合意が取れたら商談成立と

いったところでしょうか。明日の空港までの運転まで約束することができました。

 

 

f:id:DBAYUKI17:20191230013515j:plain

f:id:DBAYUKI17:20191230013542j:plain

f:id:DBAYUKI17:20191230013552j:plain

f:id:DBAYUKI17:20191230013608j:plain

f:id:DBAYUKI17:20191230013758j:plain




人、車、動物、生きとし生けるもの全てが我が先にと動くのでカオスです。

終始叫び声を上げておりました。ジェットコースターよりも怖いです。

 

 

ガンジス川付近へ到着し、リキシャの運転手と帰りの場所を確認してから

お別れし、川の方へ向かいます。

 

 

途中で陽気なおじさまとご挨拶。

 

 

f:id:DBAYUKI17:20191230014430j:plain

 

 

川が見えてきました。もう牛には驚きません。

 

 

f:id:DBAYUKI17:20191230014444j:plain

f:id:DBAYUKI17:20191230014522j:plain

f:id:DBAYUKI17:20191230014644j:plain

f:id:DBAYUKI17:20191230014710j:plain

f:id:DBAYUKI17:20191230014653j:plain

 

 

わ〜、これが長年夢見たガンジス川だと大興奮です。

洗濯してる人、水浴びしてる人が本当にいるー!

足つけただけでお腹壊しそうです。

 

 

 

さて、さっとスタート地点に立ちました。

ここからいよいよ約6キロの道を歩いていきます。

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

【初めてのインド旅part5】ジャイプール。ピンクシティ。ジャル・マハルとハワー・マハルへ。そしてデリーへ戻ってバターカレーを堪能。

 

 

 

アンベール城を出た後は、水の宮殿と呼ばれる「ジャル・マハル」へと移動。

 

 

 

f:id:DBAYUKI17:20191229191438j:plain

f:id:DBAYUKI17:20191229191453j:plain



 

ジャル・マハルは16世紀に人工的に造られたジャルマハル湖に浮かぶ

マハラジャの宮殿。雨が降ると最上階しか見えなかったりするらしいので

雨季は避けたほうがよさそうです。

この時はかんかん照りで綺麗に宮殿を見ることができました。

 

 

 

f:id:DBAYUKI17:20191229191909j:plain

 

 

 観光客もたくさんいますね。みなさん宮殿をバックに写真を撮っていました。

 

 

さてさて、続いて向かったのは風の宮殿と呼ばれる「ハワー・マハル」。

5階建ての建物で奇妙な形の窓がたくさんあります。その数950以上だそうな...

 

 

f:id:DBAYUKI17:20191229192212j:plain

 

 

人も交通量も多い市街地の中にひっそりと建っておりました。

遠くから写真を撮ることができないので、なかなかいい写真が撮れず苦戦。

道路を挟んで反対側の通路からパシャリ。

ちなみにもちろん道路を渡る時はこの車の中をすり抜けていきます。

 

 

中に入るチケットを入手するために建物の反対側へ行きます。

 

 

f:id:DBAYUKI17:20191229192531j:plain

f:id:DBAYUKI17:20191229192640j:plain

f:id:DBAYUKI17:20191229192711j:plain

 

 

ちなみにこれがインドの紙幣ルピーです。

我らがガンジーが全ての紙幣に描かれております。

 

 

f:id:DBAYUKI17:20191229192737j:plain

 

 

中に入るとどどーんと噴水があります。

 

 

f:id:DBAYUKI17:20191229192958j:plain

f:id:DBAYUKI17:20191229193021j:plain

f:id:DBAYUKI17:20191229193029j:plain

 

 

インドの子供は本当に可愛い・・・

 

正面から見たら平べったい建物かと思いましたが、中に入ってみると結構広く、

開放感があります。

 

 

f:id:DBAYUKI17:20191229193128j:plain

f:id:DBAYUKI17:20191229193142j:plain

f:id:DBAYUKI17:20191229193157j:plain

f:id:DBAYUKI17:20191229193211j:plain

f:id:DBAYUKI17:20191229193239j:plain

 

 

キメてみる...

 

 

f:id:DBAYUKI17:20191229193259j:plain

f:id:DBAYUKI17:20191229193452j:plain

 

 

街の雰囲気はデリーとはまた少し違ってゆったりしている気がしました。

ピンクだからでしょうか。(そんなわけない)

 

 

f:id:DBAYUKI17:20191229224446j:plain

f:id:DBAYUKI17:20191229224322j:plain

f:id:DBAYUKI17:20191229224345j:plain

 

 

なんだか見覚えのあるものが...見られてる??

 

 

f:id:DBAYUKI17:20191229224330j:plain

 

 

この辺はインド感

 

 

f:id:DBAYUKI17:20191229224013j:plain

 

 

じっくり見てるとデリーに帰れなくなるのでこの辺でジャイプールとはおさらばです。

さよならピンクシティ、また来るよ!!!

 

 

帰りの高速の休憩所で食べました。なんて食べ物だったか忘れました。

ソースでさっぱりといただきます。

まずくはないけどちょっと油っぽくていっぱいはたべられませんでした。

 

 

f:id:DBAYUKI17:20191229224935j:plain

f:id:DBAYUKI17:20191229224941j:plain

f:id:DBAYUKI17:20191229224927j:plain

 

 

 

そしてデリーへ戻ってからインドカレーのお店へ!!

美味しいと評判のお店だったのでとても楽しみにしてました。

 

 

www.tripadvisor.jp

 

 

f:id:DBAYUKI17:20191229225237j:plain

 

 

お店の雰囲気も落ち着いていて素敵です。

 

 

f:id:DBAYUKI17:20191229225305j:plain

 

 

これは前菜的な感じで付いてきます。やはり香辛料が効いています。クセになる。

 

 

f:id:DBAYUKI17:20191229225312j:plain

 

 

野菜が食べたくてサラダの盛り合わせを頼みましたが、結構な量でした。

でもこれがめちゃくちゃ美味しかったです。

食べすぎてメインのカレーが食べれなくなりそうなほど。

 

 

f:id:DBAYUKI17:20191229225321j:plain

 

 

カレーは言うまでもなく美味しい。バターカレー、別名カロリーカレーです。

カロリーって美味しいですよね。

 

 

f:id:DBAYUKI17:20191229225911j:plain

f:id:DBAYUKI17:20191229225919j:plain

 

 

カレーに満たされホテルに帰る途中にインド門へも寄りました。

 

 

f:id:DBAYUKI17:20191229230141j:plain

 

 

弾丸すぎて夜になってしましましたが、次は日中に来れるといいなぁ。

 

 

写真だけ撮ってお別れ。ホテルへ戻り爆睡です。

 

 

明日はいよいよ念願のガンジス川を見に行きます!

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

【初めてのインド旅part4】アンベール城内部へ潜入。ジャイプール。ピンクシティ。

 

 

 

 

アンベール城内部へ潜入!

 

 

象使いもとい、ドライバーさんに高額チップをせびられながらも、無事振り切り(ちゃんとチップは渡した!)象から降り立ちアンベール城内部にたどり着きました。

 

 

 

 

 

 

敷地内はとても広いです。

 

まずは階段を登って見晴らしの良いスポットへ。見下ろすとこんな感じです。

すごく広い。ここに民衆が集まっていたのかしら・・

 

 

 

 

 

 

反対側には世界一美しいと言われているガネーシャ門が見えます。

王族のプライベートなスペースに続く門です。近づいてよく見ると装飾がとても細かい。外から見ると一見ごつごつして重厚なお城の印象でしたが、どっこい、こんなに精密繊細で豪華な施工が見られるとは思いませんでした。

 

 

 

 

 

 

このタイルなんてとってもかわいいですよね。

 

 

 

 

 

 

ずっと眺めてられそうですが、先へ進みます。

門をくぐると美しい幾何学模様の中庭があります。メンテナンスがすごく大変そう。

 

 

 

 

 

 

こんな中庭眺めながら過ごせたら最高ですね。

どうやったらこんなに左右対称に作れるんでしょう。

 

 

他にも中は見所満載でした。それぞれ部屋のタイルが違っていて繊細で可愛い。

 

 

 

 

 

これは多分トイレですよね。

 

 

 

 

こんな模様の、窓のような見晴らし台があります。

目がチカチカしました。

 

 

 

 

 

もっと滞在したかったけど時間がなくここで断念し、次の目的地へ向かいます。

 

あ、上の方にも違うお城がみえる!

 

 

 

 

 

出口へ向かいます。いろんなものが売ってて必ず声をかけられるけど振り切ります。

 

 

 

 

なんとかドライバーさんと合流できました。

外から見るアンベール城はこんな感じです。壮大だなぁ。

 

 

 

 

 

後ろ髪を引かれる思いですが、次は水の宮殿と呼ばれる「ジャル・マハル」へ!

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【初めてのインド旅part3】見るもの全てが新鮮。デリーからジャイプル(ピンクシティ)への道中。そしてアンベール城。

 

 

 

 

 

 

翌朝は6時起きで食事もそこそこにジャイプルという街へ向かいます。

ジャイプルは位置関係でいうと下の地図のような感じです。

デリーを三角形の頂点として、南西へ3時間ほど車を走らせます。

 

 

 

 

 

 車中からだったのであまり見やすい写真が撮れなかったのですが、デリー中心はやはりインドの中でも発達していて、高層マンションやデパートがたくさんあります。

こんなところに住めるのはインドでも超お金持ちでしょうね。

 

 

 

 

 

 

高層と言いつつ高さがわかりません。(笑)

 

 

車を走らせるとそこら中牛だらけです。

インドでは牛は神聖な動物なので、食べたり処分したりできません。

車がそばを横切ろうが気にしません。

 

 

 

 

しばらくしてから高速に乗るため料金所を通ります。

車が順番待ちのため停車した瞬間に、どこから来るのかいろんな人がものを

売りつけようとやってきます。食べ物、おもちゃ、ヤシの実のジュースなどなど。

目をあわせると獲物にされるので完全に無視です。

かなり乱暴に窓をたたいて来る人もいてちょっと(いや、かなり)怖い・・

 

 

 

 

 

途中で小腹を満たすためにダバ(ダーバ)と呼ばれるサービスエリア(似ても似つきませんが)みたいな所に寄りました。

 

 

(運転手さん、めっちゃいい人) 

 

 

 

注文したのはパラタと呼ばれる小麦粉の生地を薄く焼いたもの。

 

日本ではナンが有名ですが、こちらもナン同様小麦で作られています。

中に葉野菜など練り混まれていていろんな味があるようです。

手軽に食べれてお手頃なファーストフードみたいなものですかね。

サイドについてきた辛いソースと一緒に食べると癖になります。

ビールが飲みたくなる!

 

 

 

 

 

 

 ここではトイレ休憩も兼ねていたので、トイレを覗いてみます。

 

 

 

 

 

うーーーーーん、用は足せませんでした。(笑)

用は足せなかったけど入って出てきたら5ルピー取られました。

トイレの質はダーバによってばらばらなので比較的綺麗なところもあります。

綺麗なトイレを見つけたら、とりあえず入っておかないと次いつチャンスがあるかわかりません。

アジア諸国ではよくありますが、トイレットペーパーは便器に流せないので流せるものを絶対持ち歩いた方がいいです。あと、なぜか便器に水しぶきが飛んでいることが多いので、アルコール消毒のウェットティッシュなども持ち歩くのがベターです。

 

 

こんな置物が置いてあったので記念にパシャリ。 

 

 

 

 

 

謎めいたものがいっぱいで楽しい。

何だろう、これ。釣りしてるんですかね?

 

 

 

 

さて、小腹も満たされたのでジャイプルへ向けドライブ再開です。

 

 

ジャイプルはピンクシティとも呼ばれています。名前だけ聞くとなんかいかがわしい街なのかと思いますが全くそんなことはありません。

その名の通り、街全体がピンク色の塗装になっています。

なぜピンクなのかというと19世紀後半にイギリスの皇子がジャイプルを訪れる時に、皇子がピンク好きのためピンクに街を塗ったらしい。

本当かな。(笑)

実際はピンク!!って感じではなく薄い赤褐色って感じの色でした。

 

 

街に近づくにつれだんだんピンクシティっぽくなっていきます。

運転中は動画ばっかり撮ってしまったので写真がありません;;

 

 

まず最初に訪れたのはアンベール城。象がいっぱい!!

 

 

 

 

はい、もちろん象に乗ります。生まれて初めての象乗り体験です。

めちゃめちゃ揺れて落っこちそうだし、象の鼻水は飛んでくるし、象使いに変な土産買わされそうになったけど、象の背中に乗りながら見る景色は最高でした。

 

 

 

 

歩いても登れますが、像の糞だらけなので絶対踏んじゃうと思います。

大人しく象に乗ることをおすすめします。

 

 

 

 

ところどころ岩に座っている人たちが象に乗っている人の写真を撮って後から売ってきます。買わなかったけど今思うと思い出に一枚買っておけばよかったかも!

 

 

 

 

象に乗っているのは楽しくて一瞬で時間が過ぎてしまいました。

象使いに忘れずチップを渡します。

 

 

いよいよアンベール城の中へ!

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【初めてのインド旅part2】インド到着日はまさかの日本食。

 

 

いよいよインドに向けて出発!

 


前日に成田空港に前乗りし、翌朝11時台の飛行機でデリーへ向けて出発します。

空はあいにくの雨模様でしたが空港にいるので関係ありません。

気持ちは高ぶるばかりです。

 

 

 

 

 

 

約9時間のフライトの後、やっとインディラ・ガンディー国際空港に到着しました。

すっかり日も暮れています。

 

 

 

 

 

インドの空港は写真撮影が禁止されており、飛行機を降りてから写真を撮ることができません。ばれなきゃOKで撮影してる人もいるのですが、ライフルっぽいのもった警備の人がうろうろしており私にはそんな勇気は出ませんでした。(笑)

 

 

 

アテンダーと合流し、車に乗ってデリー中心地へ向かいます。
さっそくインド料理を食べるのだ!と意気込んでありましたが、この日はインドのホーリー際というお祭りの日でお店が全くやってません。

 

 

 

結局インド料理にはありつけず、まさかの日本食レストランへ。
インドで日本食レストラン、めったに体験できないのでこれはこれで楽しい経験でした。

 

 

 

 



 

餃子とチャーシュー(?)などを頼みました。味は・・・可もなく不可もなくという感じです。(笑)あとはインドのビールといったら、KingFisherですね。くせがなく飲みやすかったです。

 

 


ご飯を食べた後はホテルへ向かいシャワーを浴びてバタンキュー。
特にアクシデントもなく到着日はおしまいです。

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【初めてのインド旅part1】インド行きの航空券の購入。飛行機出発が変更になり、まさかのトランジット時間がなくなる!?  航空券購入時の反省と教訓。

f:id:DBAYUKI17:20191027102630j:plain

 

 

 

 

ずっと行ってみたかったけれど、一人で行くにはちょっとハードルが高いなぁと思っていたインド。ちょうど旅行欲が沸き上がってきていた昨年の暮れに朗報が!

なんと親戚が仕事でインドに赴任することになったのです。遊びに来るならインド国内のアテンドは任せろと言ってくれたので、これ幸いとばかりにさっそくインド旅行の予定を立てました。

 


今回はそんな念願叶って訪れることができたインドの旅について記録に残したいと思います。


まずはまとまったお休みを取らねばと思いカレンダーとにらめっこです。
お盆やお正月でないときに2日続けて有給って取りづらいですが、勇気を出して申請。

仕事の関係で長期のお休みは取れない中、3連休にむりやり2日の有給をくっつけて計5日という短い日程での強硬手段に出ます。

4ヶ月前くらいに上司にお願いして取ることができました。(笑)

 

 

限りある人生でいつ行けるか分からないインドに行けるチャンスが巡ってきたので逃してはなりません。

 


次にインド行き国際航空券の予約については、親戚の赴任先はグルグラム(グルガオン)だったので、一番近いデリーのインディラ・ガンディー国際空港行きのチケットを探しました。

 

 

f:id:DBAYUKI17:20191027102845j:plain




関東近辺に住んでいれば直接成田からデリーへ飛べるのですが、私の場合は地方民。
なので、最寄りの地方空港から羽田へ行き、さらに羽田から成田への移動が必要になります。



JALANAも一日目の午前中に地元の空港を出発するのは変わらなかったのですが、ANAはデリーに着くのが深夜だったので、夕方にデリーに着くJAL便を選びました。
ただ値段的には5,000円くらいANAが安かったと思います。

(実はこの時予約するのに使った航空券予約サイト(一番値段が安かった)があったのですが、あとあと大騒動となることをこの時はまだ知りません・・・)

 


無事航空券を予約し、あとはアテンダーである親戚にお任せ。まだ半年先の予定ですがインドに行くのを考えているだけでうきうきです。

 


あ、その前にビザを取らなければいけませんね。
初めて行く国のビザって取るのめんどくさいし難しいなぁって思っちゃうんですが、ビザ取らないことにはインドに行けませんので重い腰をあげてインド大使館のHPにアクセスします。

 


インドビザって内容は結構適当でもいけちゃうんですが(名前とかのスペルミスとかには気をつけなければいけませんよ。)入力項目が多いし時間がかかって大変だった、というのが正直な感想です。インドビザ取得方法についてはググったらいっぱい出てくるのでとても助かりました。
私は以下のサイトを参考にしました。とっても分かりやすかったです。

 

 

5star-traveler.com

 

 

記入ミスがなければ一発で簡単に取得できると思います。
よし、これであとは出発の日を待つだけ。

 


しかし、年の暮れも近づいてきたある日、航空券予約サイトから不吉なメールが届きました。成田発航空便の出発時間が変更になったという内容です。

 


最初の予定では成田を午前11時45分発だったのですが、時間が繰り上がり11時20分発になったのです。別に25分早くなっただけなので普段なら取り立てて慌てることでもないのですが、今回は弾丸旅行で、地方空港から羽田へ移動しさらに成田まで移動しないといけないので乗り継ぎ時間が足りない!

 


JALグループの国内線羽田着から国際線成田発の乗り継ぎって最低3時間必要というルールがあるんですよね。もともと3時間ぎりぎりで設定してた乗り継ぎ時間が、約30分短縮になりかなり絶望的な状況になってしまいました。

 


30分前倒しになったことで、地元の空港の朝一の便では間に合いません。
前日から前乗りしなくてはならないので航空券の変更が必要になります。

 


時間変更は航空会社の事情なので、航空会社のサイトで予約していれば通常は手数料なしで変更できます。私は予約サイトを通してしまったので直接の変更はできず一旦予約サイトに問い合わせをしました。
しかし変更できないとの回答が!

 


そこで泣く泣くJALに問い合わせるとノーチャージで変更可能だが、予約サイト通して下さいと言われます。

 


再度予約サイトに連絡するもやはり変更できないしか言いません。
JALにはちゃんとノーチャージで変更できると回答をもらっていると説明しても、変更できないとしか答えてくれません。

 


そんなやりとりを一ヶ月くらい繰り返し、だいぶ疲弊してしまいました。
行きの国内線には乗らず、別に前日の飛行機を予約すればいいかも!とも思いましたが、調べたところ国際線の航空券は乗り継ぎがある場合、最初から乗る必要があり、途中からの搭乗は認められていませんでした。

 

 

途方に暮れて、これはもう予約した航空券はあきらめて新しく購入しなければいけないかなぁと思いかけていたところ、旅行サイトからノーチャージで変更できますと連絡がきました。

 

 

えええ!!今までのやり取りはなんだったのー!!って感じです。
なんて無駄な時間だったんだと怒り心頭でしたが、無事航空券は手数料なしで変更できたのでよしとします。
これでやっとインドへ旅立つ準備ができました。

 

 

今までこういったトラブルはなかったですが、この件があってからは航空券を予約するときは航空会社から直接購入するようになりました。

 

 

旅行サイトで予約した方が安いイメージがあったのですが、実際は航空会社のサイトから直接予約した方が、変な手数料もないので安いんですよね。いい教訓になりました。

 


行く前からはらはらさせられましたが、あとは出発を待つのみ!
ずっと行きたかったインドにやっと行ける!!楽しみで仕方ありません^^

 

 

 

 

  

つづく

 

 

 

 

 

 

 

第一声、否定から入る人。心理を考えてみた。

 

 

会話の際に否定から入る人って結構いますよね?

 

 

自分の言ったことや、最近はまっていること、なんでもないことですが、

だれかにいきなり否定されたときってどう思いますか?

それが相手を傷つけようと思って言っていることじゃなくても、

ちょっと傷ついてしまいますよね。

 

 

最近、2年ぶりくらいに会う友達とランチをしながら近況報告しました。

今年私はJAL修行をしていて(修行についての詳細もまた詳しく書きたい!)

ちょっと連休があると近場の東南アジアに弾丸旅行を繰り返してます。

 

 

そんな話をしたら第一声に「暇だねー!」って言われてしまいました。

暇と言われてしまえば、独身ですし、仕事している時間以外は自由に使える身

ですから暇なのかもしれません。

 

 

ただ私は旅行が好きですし、いかに効率よくポイント稼くかなどを考えたり、

経験者のブログを読んだり、自分で旅程を立てたりするのがただただ楽しいのです。

暇だねって言われたら、胸を張ってそう言い返せば良かったのでしょうが、

いきなり否定されるとそうする気持ちも萎えてしまいます。

 

 

そのときは会話はとりとめもなく終わり解散したのですが、

帰り道になぜその子は否定することから会話を始めるのだろうと

冷静になって考えてみました。

 

 

 

否定する人の心理

 

 

否定から入る人との過去の会話について思い出してみると、

基本的に多くの会話が否定から始まることが多いな、ということに

気づいたのです。

 

 

もちろん全ての人に当てはまる訳ではないですが、否定から始める

ことが癖になっている、またはそれが否定という意味はなく、

単なる相づちとして発せられているのかもしれません。

 

 

ただし、その人たちは私以外と話すときも否定から入ることが

多いのかはわからないので、自分だけ否定されてるなら単に嫌われてるのか、

はたまた趣味が合わないだけなのかってことになっちゃうかも

しれませんけどね(汗

 

 

そこで、私の周りにいる人で否定から入る人ってどんな特徴があるのかなぁと

思い、過去のやり取りを思い出して共通点がないか探してみました。

 

 

 

否定する人の特徴

 

 

考えてみると私の周りの否定する人って、多くは頭の回転がいい人なん

ですよね。一発目に否定がくるのでこちらはひるんでしまって会話の

主導権は常に持って行かれてしまいますが。

本人がどう思っているかは置いておいて、やはり自分の考えに自信が

あるんだろうなぁと思います。

 

 

否定されるのはちょっと辛いけど、私が思っても見なかった角度から

意見をくれたりするので尊敬もしています。 

長くつき合っていれば「こういう人だからなぁ」と割り切れますが、

付き合いの浅い人だとなかなかうまく行きませんね。

 

 

 

他には、対抗意識があったり見下したりしてることもありますね。

今風に言うとマウントをとるっていうんでしょうか。

言い方が悪いですが、見下している相手のことは認められないし、

肯定したくないですよね。こういう人とは自分しか見ていないし、

視野が狭いので、なるべく距離を置くようにしています。

 

 

 

対処法

 

 

否定から入る人の中でも、そういった話し方がその人の癖であり、

相づちになっている人についてはもう気にしない、これが一番ですよね。

これはある程度の付き合いが必要ですが、会話していると自分を

否定したいわけではないということは分かってくるので、多目に

見れます。その人がくれる有益な情報に目を向けるようにしてます。

 

 

否定から入ってマウントをとってくるような人には、いちいち大げさに

驚いてあげて気分を良くさせてあげます。(何様ですけど。)

なぜならこういった人に、こちらも対抗心を燃やしたところで、

時間の無駄ですし、雰囲気も悪くなってどちらも気分が悪いまま

会話が終了してしまうからです。

それよりも相手に同調して、なるべく会話を速く終わらせることに努めます。

その後は自然と距離をとるようになり付き合いがなくなります。

 

 

 

最後に

 

 

否定するのもされるのもどちらも疲れますよね。人が話しているのを

聞いていると気づけるのですが、もしかしたら自分もついつい否定から

入ってしまっているときがあるかもしれません。

人の振り見て我が降り直せという言葉がありますが、相手も自分もハッピー

になるような会話を心がけたいな、と思った今日この頃でした。